HOMEDNA検査キット・採取方法・結果

DAN検査キット購入方法・採取方法・結果(2010年ごろの購入方法です。)

−2012年春 DNA検査の性能が高くなったとのお知らせがOFAより入りました。−

ファンコーニ症候群のDNA検査が出きるのは Orthopedic Foundation for Animals(OFA) というアメリカの遺伝子検査機関です。

以下に購入方法の手順・採取方法・結果の見方を記します。(全て日本語訳済み)

ご自分の愛犬がファンコーニ症候群ではないかどうか?
事前の検査を希望されたい方、ぜひともお役立てください。

※個人的な見解ですが、2012年以前の検査の結果は不確かな結果がありますのでご報告します。
我が家の花柚が2頭とも、OFAでの結果がキャリアにかかわらず罹患しております。
だからといって、この検査を進めないわけでなく性能が高くなったことに期待し、
ブリードを考える全ての方にファンコーニ症候群の淘汰に勤めて頂きたいと切に願います。
ただし、2012年以前に検査された方はクリア・キャリアの結果に安心せず、引き続きご留意下さい。

DNA検査キット購入方法

  1.  step@ JKCから発行されている血統書を手元に用意
    クレジットカードを用意(クレジットカード決済になります。)

  2.  stepA OFAトップページ
    Orthopedic Foundation for Animals(OFA)

    (下記図参照:クリックで拡大)



    ※OFAのTOPページです。購入画面はステップBにリンクしています。

  3.  stepB ファンコーニ症候群のキット購入する。
    (下記図参照:クリックで拡大)

    ※stepAは購入画面に直接いけるようリンクしておりますが、うまくいかない場合はOFAのTOPページから進んでください。Orthopedic Foundation for Animals(OFA)

  4.  stepC 必要事項を記入
    (下記図参照:クリック)



    ※毛色などは記入しなくても進めますが、血統書に記載されている登録番号などは必衰事項のようで、未記入であればエラーになります。血統書番号が不明な場合は、鑑札などの番号でも進む様です。

  5.  stepD クレジットカードで決済

    【費用】$65.00/Dog (US$) (2013年11月現在)

    ※これ以後の画面がなくて申し訳ございませんが

    氏名・住所等を英語で記入し、SAVE(保存)をクリック後
      ↓ 
    ”check out(購入)”に進み
      ↓
    クレジットカードの番号、送付先、氏名を記入
      ↓
    終了

    だったと思います。

  6.  stepE JKCから発行されている血統書を手元に用意
    クレジットカードを用意(クレジットカード決済になります。)

  7.  step@ JKCから発行されている血統書を手元に用意
    クレジットカードを用意(クレジットカード決済になります。)


このページのトップへ

検査キット到着後

手順:1)内容確認

サンプル画像


・採取の手順を書いた手紙
・アプリケーター
(口中から頬の内側の粘膜をこする様に、唾液を採取する)
・FTAカードバーコード付き
(採取した唾液を染込ませて研究機関に送るカード)
・返信用封筒に貼るあて先。
・予備のバーコード。



【説明書には】
・アプリケーターの先やFTAカードには直接触れないコト
・ワンコの唾液を採るのに10秒位かけて念入りに採取するコト
・二人がかりで採取したほうが失敗が少ない(笑)とか、
・唾液の採取前におもちゃやおやつを口に入れないコト
・唾液採取の前は、最低1時間は食事や水を与えない事

等の注意事項が書かれてあります。

【画像参照】
巨大めんぼうみたいなモノがアプリケーター
紫色のカードがFEAカード。

手順:2)粘膜採取

粘膜を摂取するアプリケーターの先(めんぼうの先)や細胞をうつすカードに直接指などが触れないよう気をつけながら、検査対象のバセンジー犬の口内、ほっぺたの内側を念入りにこすり粘膜と唾液を十分に摂取する。

手順:3)粘膜採取後

カードの円のなかに軽く押し付けて唾液と頬の内側の粘膜の細胞を移します。
その後
最低1時間は手を触れない様注意し室温で乾かします。

手順:4)乾いたら

サンプル画像

FEAカードを同封されている黄色の小さい封筒に入れる。
検査キットに同封されている返信用住所の書いたシールを貼り付け郵便局でエアメールにて発送。

完了です。


結果を待って下さい。


このページのトップへ

検査結果(OFAのサイトでも見ることが出来ます。)


以下のような結果・証明が届きます。(すべてクリックで拡大)

【キャリア・クリア・両義に取れる の結果】

この結果に安心せず、引き続き家庭で出来る尿検査を進めます。

※当方のバセンジーは花柚共にキャリア結果にもかかわらず罹患いたしましたので、
DNA検査と言えども100%確かなものではありません。

【affected(罹患)のケース】

ファンコーニ症候群の遺伝遺伝子を持ち合わせている結果の場合、下記の様式で結果が送られてきます。
発病している・これから発病するかは環境や年齢、個体差による。

検査結果



検査結果の説明

このページのトップへ